おすすめ記事 派遣について概要を知ろう

医療分野で活躍する歯科衛生士の仕事を紹介

「歯科衛生士」の仕事内容

ここでは歯科衛生士の仕事内容と役割について、具体的に紹介していきます。歯科医師をサポートする存在である歯科衛生士は、病院でどのような仕事にあたっているのでしょうか。また正社員以外にも、派遣という立場で働く場合、どのような点が異なってくるのでしょうか。この部分についてもあわせて記載します。

「歯科衛生士」の仕事内容
Pocket
LINEで送る

歯科衛生士は国家資格所有者

歯科衛生士は、国家資格を有する仕事です。同じように位置付けてしまいがちな歯科助手ですが、資格が不要なため、全く異なる職種になります。歯石除去や口腔ケアをおこなうことも当然できないため、受付業務や診療補助が主な仕事になります。
しかし、歯科衛生士法に基づいた国家資格を有する歯科衛生士は、医学の基礎知識や口腔衛生学などの専門知識を身につけたうえで診療にあたります。歯の健康状態を良好に保つためのサポートができる歯科衛生士は、歯科予防処置・歯科保健指導・歯科診療補助などの業務をおこないます。歯科医師の補助作業をおこなっているイメージがありますが、予防処置や保険指導なども重要な仕事なのです。この資格を保有していると、派遣でも全国どこでも仕事が見つかりやすいメリットがあります。

気になる仕事内容

歯科衛生士は歯科医師の指導によって業務を円滑にすすめ、いくつかの仕事にわかれ患者のケアをおこないます。主に口腔内の汚れ除去、フッ素塗布などの歯科予防処置をして虫歯予防にとり組んでいます。自分ではなかなかとれない汚れは、歯垢になりがちで歯石になってしまいます。セルフケアでできない部分をとり除く歯面清掃も、歯科衛生士の定期的な仕事です。
歯科保健指導では、患者自身に口腔内に対する意識を高めてもらうため、日々のケアを指導していきます。知識を患者に身につけてもらい、食事のとり方や噛み方などの生活習慣の改善指導も歯科衛生士の大事な役割です。また、歯科検診や介護施設に赴き、歯科保健指導をおこなうこともあります。
歯科診療補助では、歯科医師の指示を受けて歯科治療をする医療サポートをおこなっています。ここでは、能力や経験によって任される仕事や範囲も異なり、診療器具の滅菌や診療の準備、レントゲン撮影補助や歯の型とりなど、患者とのコミュニケーションをとりながら信頼関係を築き診療補助にあたります。そして、歯科衛生士はライフイベントに応じて経験をいかしながら、復帰できる職場も多く、たとえ派遣の立場であっても安心です。患者にとってみれば、正社員も派遣も同じ歯科衛生士であるため、歯科医師と共に歯や口腔内の健康を守り、スムーズな診療が求められるのです。

派遣でも働けるの?

医療分野での派遣事情 医療分野での派遣事情

医療業界での派遣事情について解説していきます。派遣業務には法律にそった禁止事項も存在します。違反した場合には懲役や罰金も科せられるため、派遣社員として働こうと考えている人は派遣業務の範囲などを認識しておかなくてはいけません。派遣社員として働く際に、気にとめておかなければならないのは、自分の立場です。派遣社員として仕事をしているということを忘れずに業務にあたることが重要です。

TOPICS

  • 「歯科衛生士」の仕事内容 「歯科衛生士」の仕事内容

    歯科衛生士の仕事内容と役割について説明します。派遣社員と正社員の違いについても、あわせて紹介していきます。国家資格が必要である歯科衛生士は、歯科助手とは違い医学の基礎知識を身につけたうえで診療をおこないます。歯科衛生士は派遣でも仕事がみつかりやすいメリットがあります。国家資格があることで正社員との差はあまりなく、今までの経験をいかせるおすすめ仕事です。

  • 転職サイト利用のポイント 転職サイト利用のポイント

    転職サイトを利用する際のポイントは、企業側の情報をしっかりと集めることです。医療業界に特化した転職サイトでも、派遣で働く場合には、この情報集めが重要です。効率よく転職活動をすすめるために、求人検索の使い方や通知機能を活用する方法を紹介します。またスカウトメールなど、転職成功率を上げるためのコンテンツも利用してみてください。

  • 派遣について概要を知ろう 派遣について概要を知ろう

    派遣で働く場合の概要について説明していきます。派遣社員は人材を求めている企業で仕事をします。人材確保のために派遣社員を採用している企業も多く存在します。正社員で雇用されている派遣社員は契約が切られることはありませんが、非正規社員は派遣先がないと無職になります。このような具体的な雇用形態や、長期で働く場合について詳しく解説していきます。